債務整理を行ってからしばらく期間が経過した方々は、たまに住宅購入を考えています。一時期は金融会社からの借金が大変だったものの、だいぶ状況も変わってきたので、マイホームを購入しようと思う事もあり得るでしょう。
また債務整理中の方々も同じです。現在は整理中ですが、いずれはマイホームを購入しようと思う事もあります。
上記のようなパターンは、実は世間ではとても多いのです。しかし債務整理を行うと、原則として借り入れが難しくなるでしょう。少なくともカードで借りるのは、著しく困難にあります。
では住宅ローンはどうなるかと言うと、正直難しいです。ただしそれも状況次第と言えるでしょう。
まず以前にお世話になっていた金融会社では、正直住宅ローンは組めなくなるでしょう。それは債務整理のルールですから、ある程度仕方がありません。
では別の会社ではどうかと言うと、難しい事もあります。債務整理の情報が伝わっているからです。逆に、難しくない会社もあるのです。金融会社によっては審査基準が特殊なので、たとえ過去に整理手続きを行っていても、住宅ローンを組めるケースはあります。
また時効の問題もあります。整理が完了してから数年ほど経過していれば、組めるケースもあるからです。
したがって債務整理後に住宅ローンで借りれるか否かは、それこそケースバイケースと言えるでしょう。